令和元年★10年先の未来へ新たな挑戦

2019年を振り返って。

2020年 東京オリンピック目前に。
これまで国内へ向けた対策をメインに、クライアント様の悩みへ寄り添ったご提案をしてきました。

しかし、提案の中で大切にしていること、常に思い続けたことは、
「価値に見合った正当な価格帯で販売し、予約を増やしたい」
「平日の稼働率UPへ向けて、あらたなことができないか?」です。

2019年、たどり着いたインバウンド集客。
そんな中で起きた、日韓関係の悪化による、韓国のインバウンドの減少。
九州の宿泊施設にも大きく影響を受ける出来事がありました。

海外集客に関して、まだまだ対策を考えている企業・施設は少ないのではないでしょうか?
生産人口が減少していく日本。これから世界中をマーケットにする必要があると考えております。

2019年 新たなご縁に感謝し、
きらやどマネジメントは、2020年 10年先の未来へ向けて動きだす予定でございます。

株式会社プラシャル様と協業による、多言語発信サービス展開!
※2020年 多言語発信アイテムの内容は近日公開いたします。

2019年、たくさんのご縁に感謝する1年でした。
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。